全てウソのブログ公式YouTubeチャンネルもございます。

鈴木モザイクと天宗さんの日常

全く活用されていないブログを見て僕は契約しているサーバーとドメインの支払い料金がもったいないと思った。そして、ブロガーとして”ニート高橋”に入隊したというのにほとんどが動画コンテンツの作成ばかりでブロガーを名乗っていいのかもわからないレベル。。。僕は運営陣に対しての苛立ちと、このままで良いのか?という焦りの思いが込み上げてくるのだった。

今日の天宗さんはご機嫌だった。まず、日ごろ忙しい毎日から解放されて夜中の3時に寝て昼前の11時まで睡眠を確保する事ができた。禁煙するとツイッターに書いているが、正直なところ朝起きてからの一服が最高なんだ。そして、一服した後すぐに襲ってくる腹痛で下痢を噴射させる。まあ休日だから、そんな下痢も気にしていない。

家でゆっくりしていると、鈴木モザイクから連絡がきた「デートするぞ」あの無職で自堕落な生活を送っている鈴木君から誘いがあるのは珍しい事だった。しかも、鈴木君が車を出してくれるという話。。。なんか嫌な予感がするが、これの誘いに僕は乗る事にした。。。

彼は僕を駅に呼びつけるなり、車でクラクションを鳴らしてこっちに来いと車に呼びつけた。どこに行くのかと思いきやアピタ到着するな否やトイレで下痢をする鈴木モザイク。僕たちと下痢は切っても切れないような縁みたいなもんだ。

アピタにつくなり、鈴木モザイクはスタバに行くぞと僕に言った。もちろんスタバの代金は僕の財布からでる。鈴木モザイクはスタバのふかふかのソファに座るなり親に買ってもらったアップルのPCをカバンからだして、恰好をつけてカタカタとキーボードをたたき始める。

PCで何をしているのかと思いきや、デスクトップのファイルを整理しているだけだと、僕は気づいた。彼は、スタバにきてPCのデスクトップを決め顔で整理をしているだけなのだ。       

そうこうしているうちに、運営陣の高橋から連絡がきた。。。心霊スポットにまた連れていかれる事に二人とも気づき、せっかくの休日がまた険しく厳しい撮影になってしまう事に絶望をする。

鈴木モザイクは絶句し嫌々化粧をして、僕もまた寒い頭をむき出しに冬の心霊スポットに駆り出されるのだ。これは、天宗さんの周りで起きるごく普通に日常であり。フィクションのようなフィクションじゃないリアルをお伝えした内容である